覚え書き

薔薇と原石

11/14 ジャニオタ披露宴レポ

結婚式&披露宴、無事に結ぶことができました!!!!!

 

準備を始めた一年前の時点で「ほんまに開催できるんか?」って心配だったり

こんなご時世じゃご招待することも失礼なんじゃ…と悩んだり

いざ本格的に準備を始めたら席次表作りやらウェルカムスペースやらで自分のセンスの無さを思い知らされてまあまあ絶望し、それなりに大変でした。

けど「来てくれた人はどうやったら楽しんでくれるかな」とか「こんなことしたら面白いって思ってくれるかな」とか、たくさん考えるのはすごく楽しくて、準備だけ総括しても「楽しかった」と思えます。

 

当日はもう会場で誰よりも楽しんでた自信あるし、みんなの楽しそうな顔がたくさん見られてこれ以上なく満足しています。本当にありがとうございました。

 

で、めっちゃ聞かれたのが「あとでセトリ教えてね」だったので、ブログにまとめます。

列席していた親戚に「旦那さん寛容な人だね」と感動され(呆れられ)るくらいにやりたい放題だった、ジャニオタ的結婚式セットリストをどうぞ!

 

<迎賓>

1.canon 出会い

2.ライアーライアーTHEME

3.SKY

4.Fantastic Love!

5.canon 永遠に!!

※すべて「映画 ライアーライアー」サウンドトラックより。

 

この時点でジャニオタ全開でした

誰も気づかないだろうな~とは思いつつ、パーティー開始前なので落ち着いたサントラをチョイスしました。

特に三番目のSKYという曲が映画を観た時から大変お気に入りなので、セトリに組み込むことができて満足です。

 

 

<入場>

White LoveHey! Say! JUMP

 

たぶん意外だと思われたんじゃないか?という曲。

実はこの曲めっちゃ好きでどこかに使いたくて、けどあまりにインパクトの強いイントロとサビなので「これはもう入場しかないだろ!」という勢いでここに。

JUMP担でもないのにいいのか…と一瞬思いましたが、みせコド*1主題歌だからいっか…という結論に達しました。曲名にWhiteって入ってるからウェディングドレスにぴったりだし。

ちなみに、この曲とバチバチに争った結果惜しくも敗退したシンデレラガールは二次会の入場曲になりました。

 

 

<乾杯>

愛を叫べ/嵐

 

これはリリースされた頃から「自分の結婚式で絶対流す!」と決めていた一曲。(リリース当時は微塵も予定ない)

冒頭の少し落ち着いたイントロからアップテンポになるあたりが、乾杯の合図のあと拍手が起こってパーティーが始まる、という雰囲気をなぞっている感じがしたので。

 

<ケーキカット~ファーストバイト

Sweety Girl/Sexy Zone松島聡マリウス葉

 

可愛らしくてお砂糖たっぷりなイメージがケーキカットにぴったりだと思って選びました、該当担でもないのにユニット曲入れてすみませんでした。

主役はSweety Sweety Girl,って自分のことしか考えてなさすぎじゃない?と思いはしましたが誰も歌詞なんて聞いてないだろと思って無視することにしました。あと可愛らしい曲に反して全長120センチの巨大スプーンとか使ってすみませんでした。

 

 

<新婦中座>

キャラメルドリーム/Sexy Zone

 

中座は妹(ジャニオタ)に一緒に来てもらうことにしていたので、二人で選びました。

ジャニーズの結婚式っぽい曲って入場向きのが多いよな~と結構悩んだところ。

ふたりで考えたほかの案は、

KAT-TUNの「喜びの歌」で中座→会場の外から「止まらねえ!!!」と叫ぶ→司会「はい、披露宴は止まりませんということで…」

SixTONESの「S.I.X」とか「Special Order」でミラーボールガンガンにまわして中座

中島健人の「Hey!!Summer Honey」で青いキラキラをまき散らしながら中座

などがありました。挙式予定の近い方はぜひ上記案を参考にしてください。

 

 

<新郎中座>

マイガール/嵐

 

新郎が選んだら?と提案したところ「ここまでジャニーズ一色なんだからジャニーズで統一すれば?」と言われたので私が考えました(本当にごめんなさいの気持ち)。

お父さんと二人で中座ってすごく感動的なシーンだよなっていうのと、新郎側のご親戚に嵐ファンがいらっしゃると聞いたので、ありがとうの思いを伝える曲を選びました。

 

 

<再入場>

CloveR/関ジャニ∞

 

カラードレスを緑にしたので、曲も合わせて緑イメージのものに。イントロが鐘の音で披露宴にぴったりでした。

再入場でペンライトを振ってほしい!というのもジャニオタ新婦の強い要望だったので、自担カラーの大閃光をアマゾンとドンキで大量購入し持ち込みました。関ジャニでは大倉担(緑)なので、ここで三人の自担カラーが綺麗に並ぶというわけです(?)。

余談ですが、司会者の方が気を遣って大閃光の色がメンバーカラーであることを紹介してくれたのに名前を思いっきり間違われるという不憫さを発揮してしまった松村北斗、さすがです。*2

 

 

<テーブルラウンド>

1.迷宮ラブソング/嵐

2.King&Queen&Joker/Sexy Zone

3.My sweet  Heart My sweet love/Sexy Zone

4.この星のHIKARI/SixTONES

 

ジャニオタはテーブルラウンドをお手振りタイムだと思っているので、トロッコの上から手を振る気分で選出しました。My sweet ~はアルバム買った時から使いたかったウェディングソングでしたが、ちょっと大人しめな曲調なので会場の声にかき消されてしまいかけたのが少し残念でした。

曲が足りなくなったら迷宮ラブソングに戻ってループすると聞かされていたので、かなり長めにあと4曲用意しましたが意外と早く終わってしまったので出番なしとなってしまいました。*3

 

 

<手紙朗読>

オモイダマ(ブラスバンドVer.)/関ジャニ∞

 

話している時のBGMは歌詞がないほうがいいよなと思い、吹奏楽といえば自分にも親にも思い出深いのでちょうどいいこの曲を。

ふつうのバージョンとは違ってワンハーフなので一曲の時間が少し短く、それなのに手紙を読むはるか前から曲が流れ始めてしまったので、「曲が終わっちゃう前に読み終わらないと…!」と前半はめちゃくちゃ焦り、感動どころじゃありませんでした。(後半は余裕が出て終わりそうな感じがしたので泣ける余裕ができた)

 

<記念品贈呈>

愛でした。/関ジャニ∞

 

オモイダマ~愛でしたは関ジャニ担の母への忖度が強いです。それは置いといてもイントロのちょっと切ない感じと歌い出しの力強さが披露宴のフィナーレに向けて感動を高めてくれたと思います。

 

 

<退場>

僕が僕じゃないみたいだ/SixTONES

 

映画「ライアーライアー」でエンドロールと同時にイントロ無しでこの曲の歌い出しが流れるのが鳥肌たつほど感動したので、披露宴の最後も自担の歌い出しに任せることにしました。退場曲は本当に最初の方しか流れないから、サビから始まる曲とかのほうがいいという条件にもぴったり。

ただ想像してたのと拍手のタイミングが違くて、思ったより自担の声がかき消されていたのが面白かったです。どこまでも不憫な男・松村北斗

 

 

<送賓>

1.カラフルEyes/Sexy Zone

2.Make my day /Sexy Zone

 

「カラフルEyes」の通常盤に収録されているインスト楽曲を流してもらうことにしていました。盤の交換がないので音響担当さんにすごく感謝された。

ジャニーズのライブって、ライブの前後によく自分たちの楽曲のインストVer.が流れてるのでそんな感じをイメージし、いい感じの曲がそろっていたカラアイをチョイス。そのほかだとどうしてもインスト曲の中にカッコイイ系とかバラード系とかが混ざっていたんですが、これだけはそんなことなかったので。

 

 

以上、凝りに凝りまくった披露宴のセトリです。

結局はBGMでしかないので、メインとなる演出やおもてなしのお料理に比べたら優先度の下がる検討項目ですが、知ってる人には笑ってもらえるような小ネタにはなったかな、と。

完全な自己満足にお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

ちなみに

二次会のセトリも自分で考えましたが、披露宴に比べてラフな飲み会だったことや披露宴のセトリ検討でいっぱいいっぱいだったことから、「披露宴であんまり使えなかったセクゾの曲を中心にしよう」と決めた以外はほぼ雰囲気と勢いで選びました。

それがこちら↓

 

<入場>

シンデレラガール/King & Prince

<乾杯>

君らしくない一日をボクと/Sexy Zone

<演出(クイズ)>

勝利の日まで/Sexy Zone

Lady ダイヤモンドSexy Zone

Real Sexy!/Sexy Zone

Cha-Cha-Chaチャンピオン/Sexy Zone

<プレゼントプルズ>

ベイビーロマンチカ/Sexy Zone

<退場>

青い恋人/Sexy Zone

<送賓>

マワレ ミラクル/Sexy Zone

好きだよ/佐藤勝利

Hey you!/Sexy Zone

 

 

どちらも楽しかったです。

あらためまして、本当にありがとうございました。

*1:未成年だけどコドモじゃない」…2017年公開の映画 中島健人主演

*2:司会者の方にはこのあとめちゃくちゃ謝られて逆に申し訳なかった

*3:残った4曲は「”Laugh” In the LIFE/SixTONES」、「Honey HoneySexy Zone」、「Strawberry Breakfast/SixTONES」、「Life in color/SixTONES

自担が映画主演を決めた日の話

6月7日

「誕生日祝われたわー」という嬉しそうな言葉とともにアップされたインスタのストーリー。白い綺麗な花束を抱えて、外出自粛期間明けにさっぱりしたニューヘアーをお披露目してくれた。

誕生日がまだまだ先の6月18日であること同時期に誕生日を迎えるジェシー(11日)、樹(15日)が同様の投稿をしなかった*1ことから、「北斗個人の仕事でお祝いしてもらった」と推測でき、オタクの間で「ドラマ?映画?何の仕事?」と憶測が広がる。*2

 

 

6月10日

ブログ「北斗學園」にて、「左手だけ焼ける練習ごと」について書かれる。 「練習ごと」という言葉から『パーフェクトワールド』前の車椅子バスケ、『10の秘密』前のジャズピアノを思い出したオタクは、左手だけ焼けるというその行動がなんなのか推理を始める。弓道が最有力候補かとされる中、他に外車の運転なども挙げられるが、特に決定的な証拠や情報はなかった。

 

 

6月17日

ブログ「北斗學園」にて、「人見知りをぶつけ合う仕事」をしたと書かれる。ほかにも「心的に怒涛の数日」「自信がない」「一生頑張るから見ててください」などネガティブな言葉が目立つ。何か新しい仕事が始まったような雰囲気を感じたオタク、映像作品の顔合わせではないかと推測。

 

 

6月18日

松村北斗25歳の誕生日。世界が幸福で包まれる。

 

 

6月22日

CDTVでのSixTONESの出演番を待つ間に、各種WSの出演予定者欄に「松村北斗」の名前が挙がっていることが発覚する。あわせて「森七菜」さんの名前も挙がっていたこと、テレビ局各社で名前が挙がったことなどから、ラブコメ映画の主演ではないかとの噂が一気に広まる。北斗担は「起きたら主演映画が決まっているかもしれない」という事実に震えて眠る。

 

 

6月23日

朝刊およびWSにて、松村北斗と森七菜さんのW主演で「ライアー×ライアー」が実写映画化されることが決まる。たちまち「#ライアーライアー」がトレンド1位に躍り出て、そのほか「北斗くん」「北斗くん映画主演」「森七菜さん」「クール系」など関連語句がトレンドに並んだ。中でも期待を膨らませたオタクによる「主題歌SixTONES」は長らく残っていた。*3

 

 

まとめ

結局のところ「左手だけ焼ける」ことがライアーライアーに関わるものではなさそうなのでまだ素敵なお知らせを待つほかないが、自担に映画主演の仕事が決まったことに変わりはなく、とにかくめでたい。素晴らしい。

映画主演第一報として届けられた動画では、緊張がありありと伝わる表情で自担が話していて、この作品が北斗くんにとって初めての「座長」作品になることを考えると誇らしくも苦しくもあった。きっとこれからいろんなことを乗り越えなくちゃならないと思う、演技面ではもちろんのこと、いずれやってくる怒涛のプロモーション、心無い誰かが書くであろうマイナスな記事、何とか落とし込んでやろうとするであろう週刊誌、北斗くんにとっても作品に関わる方々にとっても、そして我々オタクにとっても障壁は多様である。

それでも、北斗くん自身の「作品まるっと愛してください」「この作品がいい出会いだったと思えるほどの死ぬほどの努力をします」「お芝居がうまくなりたすぎて泣けてきちゃった」なんて言葉を聞いたら、北斗くんの今以上の成長と活躍、完成した作品にかける期待は嫌でも高まってしまうので。左手の日焼けの真相を待ちながらお金を貯めて待っています。

 

あらためて、主演おめでとうございます。

*1:翌日ジェシーが「自分も現場で祝ってもらった」という旨のストーリーを投稿したが、花束のイメージがかなり異なることや樹の投稿がなかったことから、それぞれ別の現場で祝われたものと思われる。

*2:後にこの時の現場は『CLASSY.』の撮影であったことが発覚する。

*3:「主題歌SixTONESだといいなー」と願掛けしすぎたことによるもの。

推し事と日常生活

 

思い出の欠片を集めて夜を明かそう

くだらないことでもいいよ

ボクらにだけ解ればいい

 

 

上記は「関ジャニ∞の元気が出るCD!!」に収録の「元気が出るSONG」の一節で、丸山さんが作詞した部分なんですが、

 

ここの詞にこめた意味を制作ドキュメントで彼は「関ジャニ∞の曲を聴いて、『あーあの時こんな恋愛してたよねー』とか、そういうことを思い出してくれたらいいな」というようなことを語っていて(うろ覚えニュアンス)。

 

 

私はてっきり「私と『ボクら』」にだけ解る話を思い出して、ってことなのかと思っていたから「私」に関する思い出を懐かしむことだとは思わず、

そんな発想で歌詞を書いてくれる丸山さんにすごく驚いて、「ファンにはファンの生活がある」っていう当たり前の事実をわかった上でそれを肯定して「関ジャニ∞がその日常とともにあってほしい」と歌ってくれる丸山さんは本当にすごいアイドルだと思って。

 

 

アイドルを「推す」だけで食っていけるわけがないから勿論我々ファンにはそれぞれ生活があって、推し事とは関係ない幸せもトラブルも人間関係もたくさんあって、

でもそれって知らないうちに推し事と一緒に思い出す記憶だったりするよなー、と。

 

 

初めて買った円盤がどうしても見たくて2時間睡眠で高校行った日々があったなーとか

あの回のMステは研修先の狭い部屋でテレビに齧り付いて見たなーとか

あの生配信は仕事終わって近くのカフェに駆け込んでカウンター席で見ながら泣いたなーとか

 

そういう「推しと共に思い出す自分の生活がある」っていうのも、アイドルを推すことの楽しさのひとつなんだなーと丸山さんに気づかせてもらったという話。

 

POP STEP!?感想

後ろに行くほど短くなるけどとりあえず第一印象残しとこ

 

 

1.極東DANCE

 

曲名聞いた時「やっと、やっと、やっと、和風楽曲きた~~~~~~~~(号泣)」ってなったのに蓋を開けてみたら想像してた和ロックじゃなくて和食屋さん入ったら宇宙食出てきたみたいな不思議な経験したけど出された宇宙食ありえんおいしくてびっくりした、みたいな

アルバムオリジナルの中ではこれだけ音源聴いてたけどやっぱり好きですわ想像どおり マリちゃんの音楽的成長速度には本当驚く

 

 

2.恋のモード

 

東レストランのデザートがすんごいかわいいショートケーキだったみたいな、甘々に甘くてかわいいんだけど甘酸っぱさが強いっていうか…スキすぎてがしゅわしゅわのラムネで恋はじがメロンソーダでハニハニがハチミツタピオカドリンクならこれはレモネードっていうか、イントロのタタタタタタだけで日常系ラブコメアニメの主人公になれるっていうか、わかったこれ乙女ゲームのテーマソングだ!?(ちがいます)

曲調に気とられちゃうけど歌詞もとってもとってもかわいいしこれはライブの演出が楽しみですね…あとこの合いの手はやくやりたい…

 

 

3.禁断の果実

 

タイトル聞いてアダムとイブみたいな動くanan想像した人ぜったい私だけじゃないと思うんだけど、イントロ2秒で違えわってなったし好き!!!ってなった。なんでSexyZoneってあの顔で女に振り回される歌うたえんの…?っていう突っ込みは置いといて、これはぜひぜひカラテンと並べたセトリにしてハートの大泥棒やってほしい(センス…)

恋のモードしかり、このアルバム二次元沼の人にめちゃ刺さりそうだけどどう?

 

 

4.HoneyHoney

 

これはもう耳から摂取する美容液。ライブまでに振付完璧にするぞ。

 

 

5.タイムトラベル

 

エモ曲かと思ったらお洒落曲じゃ~んって思って歌詞カード見てえっっっっ……てなった、こんなん夢女製造マシーンじゃん、てかずっとファルセットだしこいつらどうなってんだ、からの急に地声に戻るとこでハッとさせられるしきっとこれも手の内…

 

 

6.Blessed

 

マリちゃん本当にどんどん成長してるな…若いってすごい

A・Bメロが割と重めでダークな感じだからこそサビのメロディーが爽やかに聞こえるし曇天つづきの日に日が差したみたいな明るさ、これは眠れない夜に流しながら朝を迎えたい(そんな夜はないが)

 

 

7.BLUE MOMENT

 

サビ入った瞬間涙腺にきた、これこの曲やばい大人に絶対ささる

青春フェチの風磨くんはこの歌詞すきだろうな~私も実家帰る道中これ聞きながら外とか眺めたいよ~さときくの声はこういうエモエモソングによく似合うよな~

 

 

8.○△□

 

あ、今作のトンチキタイトル枠さんどうも。

サビのクラップがかわいいな~曲調がとってもみんなのうたっぽさあってライブ映えしそう、トロッコソングになりませんように

 

 

9.ダヴィンチ

 

これ同い年絶対好きだから聴け!!!聴け!!ボカロ世代!!!!!

ダヴィンチ引き合いに出すサビの安直さがまた良いし、そんな偉大なるダヴィンチを「さん付け」で呼んでる現代っ子感がまたこの曲の雰囲気にあってて面白い。

 

 

10.まっすぐのススメ!

 

えっなにこんな夢女製造アルバムだったんですか今作…キイテナイヨ…

こんなタイトル見てたら明るい応援ソング想像するじゃんこんな拗らせ幼馴染ソングくるなんてキイテナイジャン…アリガトウ…1番と2番で視点かわるのも最高じゃん

で、これが主題歌の映像作品はどちらで見れるのでしょう?

 

 

11.Tokyo Hipster

 

一瞬LGTE流れてきたかと思った、そんな感じの壮大さ感じるイントロなのに歌詞のトンチキ具合がセクセカっぽい、これ2013年くらいの曲だよって言われても信じそう。5分の遅刻なんて銀河レベルで見たらちっぽけなもんさ、ってSexyが言うならきっとそうなんだろう。

って思ったら歌詞三浦さんじゃん、納得。いつか少クラの定番ソングになってほしい。

 

 

12.MELODY

 

さっきまで渋谷で歌って踊ってたホモサピエンスが急にアンドロイドになったみたいな温度差。

ケロケロ加工あんまりないイメージだったから新鮮、ライブでどうやってセトリに入れてくるんだろ。割と異質っていうかここまでの中でこれとBlessedはパフォのイメージがまったくつかない。

 

 

13.One Ability

 

ああ~~~~~~こういうオタクがすぐコンテンツにしたくなるような曲~~~~~~~

これ失恋どころか死別か?ってくらい歌詞が重いのに曲調がお洒落だから怖さがあるっていうか完全にキマっちゃってるしこれぜひ踊ってほしいですね…わくわく

 

 

14.それでいいよ

 

それでいいよ、ってなんて優しい肯定の曲なんだ。SexyZoneに「いいよ」って言われたらきっとそれは正解だし世界の真理だし無条件で自信になる。あまりに歌詞が直球だから20代半ばには若干恥ずかしさあるけど多分中高生だったら病むたび絶対これ聴いて泣いてた。そのうち20代半ば社会人女性もそうなるかも。

 

 

15.麒麟の子

 

これは社会の歯車のひとつになってすり減らされる社会人への応援ソング。右向け右って左を向いて確かめるような大人になっちゃったけど、これ聴いてる間だけはWonder Childとして駅地下の人ごみをちょっと強気で歩ける。

 

 

16.HIKARI

 

Aメロでちょっと高いフレーズを心なしか苦しそうに歌う勝利くんに胸がときめいてこっちが苦しい。

SexyZoneが放つ「人を救う光」って完全にレーザービームだな…パワーと美しさとわけわからなさに圧倒される感じが。

 

 

Show must go on

 

Show must go onってジャニーさんの精神であると同時に呪いでもあるってなんかの雑誌で誰かが言ってたの読んだような気がするけど、入所後すぐステージの真ん中に引き上げられて右も左もわかんないままいろんな声を聞きながら、それでもShow must go onだって言われてた勝利くんのひとつの答えがこれなんだな、って

勝利くんがステージに立ち続ける限りはきみに溺れ続けたいよ

 

 

SHE IS...LOVE

 

歌詞だけ読んだら「パリピになった野田洋次郎」くらいの重さなんだけどこんな軽やかに歌うなよオイオイ

どこでLOVEケンティーやるの?

 

 

HAPPY END

 

菊池風磨のソロ曲が「HAPPY END」で本当にHAPPY ENDなわけないじゃん??もしかしてめちゃめちゃめちゃ久しぶりにえろい曲来てる??きてます????

 

all this time

 

大人でも子どもでもない今のマリに言われると説得力が違う歌詞、どんな応援系の曲より重みがあるし気軽には聞けない

マリって人生何周目なんだろう…

TrackONE IMPACT感想

1/5昼

 

0.入場〜開演

 

席はバクステ側アリーナ前5列目(外周外)、外周歩く時ほぼ目線の高さかな?くらいの位置。

開演前コールがぼちぼち始まったくらいで暗転、私はそわそわしすぎて立ってた。

 

1.Rollin'

ダイヤモンドの形の巨大セットで登場して間奏でくるくる回りだして超怖かったしあれ回ってるのアトラクションか何かとセットを混同しているのでは…?ってなった。

北斗さんふわふわ前髪ありでここで1回死ぬ。あとしんじゅり盛れすぎ。

 

2.JAPONICA STYLE

赤衣装の全貌が見えてひええ〜〜〜〜ってなる(語彙)。なんかケロケロ加工いつもより強くない?「まだ何が起こるかはわからないなんてさ」がだいぶ途切れ途切れで聞こえた気がした。台詞はガチャかと思ったけどジェシー固定なのかな?

 

3.Laugh in the LIFE

花道移動しながら歌って「Are you ready?」も振ってもらえて嬉しい。2番で外周まわってバクステで間奏ダンスだったけど「What an amazing day!!」前の1拍空くとこで北斗さんが投げチューしたの見てたからな!!!!!!

 

4.RAM-PAM-PAM

もう歌うのかって思ったのとラフインからの温度差。右手首切ってキスするの本当でしたね…すき…ほくじゅりタイムが向こう向きでちょっと悲しかった。

 

5.NEW WORLD

何このエモい曲ーーーーーー

歌詞がエモいしキャッチーで爽やかなメロディーが少年マンガ原作アニメのエンディング感あって最高に好き、途中のきょもほく背中合わせが見た目良すぎて腰抜けたしじゅりちゃんのラップが往年の櫻井翔みがあって好きーーーーーーーーーーー!!!!!!

 

挨拶

以下ハイライト(好きだったとこだけ、順番うろ覚え)

ジェシー「飯食ったか!?」

北斗「上!下!しっ…上!!今度こそしっ…うっ…下!!」

慎太郎「どーもー森本慎太郎です!!!」×6

髙地「右見て左見て髙地見て!レッツゴー!」

きょも「あけおめー!」\あけおめー!/

「ことよろー!」\ことよろー!/

「あげぽよー!」\あげぽよー!/

ぴよぴよー!」\ぴよぴよー!/

「ぷりぷりー!(おしりふりふり)」\ギャアアアアアア/

 

髙地のやつタイミングとれなくて乗れなかったゴメンネ

 

6.Sun Burns Down

マスク!Twitterで見ちゃってたから知ってたけどこれめちゃくちゃ奇妙じゃない?(こら)口元隠すのがあんまり好きじゃない派だったけど目元隠すのにも使うからちょいそれは聞いてないぞ〜〜〜ってなった

 

7.RIGHT NOW

さっきのマスクかけながら髙地が「らいなーーーーーう」って言ってんのめちゃくちゃカッコよくて好き…ってなる、かと思ったらマスク外したらサングラスだしどうなってんの??

 

8.BATTERY〜D-MOTION

君らこれオリ曲みたいに歌うよな???Remixて

「Baby your love's a phenomena」が大好き芸人なので今回もセトリ入りしてて嬉しい

 

9.KEEP GOING

センステで照明またぐやつ(語彙)、やっぱきょもほくのとこで湧くわ湧くわ(しかたないね)(そりゃ湧くって)。鏡でライティング反射させるやつ気に入ったのかな?ちょっと鏡大きくなってて最後それぞれお顔写してたのかわいいね

 

10.この星のHIKARI

wow wow wow 〜の準備してたらじゅりちゃん喋りだしてビビった、ほんでペンライト消してつけるやつは途中でストちゃんが移動するからみんな気が散って途中で流れてこなくなったww うまくいったら綺麗なんだろうな〜

 

11.喜びの歌

そういや今まで歌ったの見たことなかったか?(2017ふまパラで一緒にやってたっけ?メインではないが)これのラップ大好きだし何よりストレートに「愛してる」が歌詞にくるのは良いですね…

 

12.IN THE STORM

一気にペンラの打点が高くなる。ちゃんと「君は見える」も「show me…」も見えてよかった。個人的には一番ストのライブ!!って感じがして好きだったなあ

 

MC

 

今日も話題豊富。

・じゅり「さあ今からMCのほうを…誰が座っていいって言った?俺今からみんなでここ使って鬼ごっこしよ!って言おうとしたのに」きょも「いいじゃんやりたい!」じゅり「足遅いのに?」

・昨日に引き続き髙地のウォレットチェーンをいじる

・髙地のチェーンを自分につけて「つかまえた!」ってやるジェシーちゃん

・(なぜか)髙地側を外し「次は誰と繋がろっかな〜?(チェーンぶんぶん)」サイコパスジェシーちゃんから一斉に逃げ出すスト5、特にほくちゃんめちゃくちゃ逃げる

・じゅりちゃんに「お願い1回だけ!」ってマイク通さず言っちゃうじゅりちゃん

・やたらスルーされちゃうほくちゃん(不憫かわいい)

・ほく「慎太郎眉毛太くない!?」

・髙地「先輩にかっこいいって言われて眉毛細くしたら東京では誰もやってなかった」→じゅり「髙地安心して、柏も同じ」

・ほく「冗談だよ〜I love youだよ〜」→じぇし「今の俺に言いました」→ほく「…もちろんだよ!」急なほくじぇ

・ほく「1/16のVS嵐に出演します!さあドラマの開始日は14ですね、その2日後は?」\16ー!/「そうですね16日です、はいみなさん普通です」相変わらず厳しい

・ほく「前回も今回も、vs嵐のあと嵐さんが『次はSixTONESみんなで来てよ』って言ってくれる」髙地「出たい出たい!」じぇし「今年中に出ます!言っとけば実現するから、言霊だから!」

・たろ「来月公開の映画「モリと砂漠の王子様」に出演します」→きょも「そのスピンオフの「きょもと魔法の魔法使い」に出演します」→じゅり「おにぎりライスみたいな」

・きょも「北斗が東…北?じゃない、東海ウォーカーで、髙地が横須賀?じゃなくて横浜ウォーカーで、僕が東京ウォーカーで連載してます」じゅり「自分のこと以外知らねえんだな」

・アリトロ移動中の北斗「てかお前ら聞いてる?」じぇし(?)「ちょっと女子聞いて〜〜〜〜」ほく「キャーじゃねえようるせえな」毒舌〜〜〜〜〜

 

13.Beautiful Life

目の前髙地だったんだけど顔ちっさ!スタイル良!立ち方あざと!って思ってたら気づいたら曲終わりそうだった。「未来へ急げ」のきょもちゃんのロングパート途中で(すげえな!)みたいな感じの顔できょもちゃんのほうに拍手してる髙地可愛かった…

 

14.Lovin' U

「泣いてばかりだった君も強くなったね(歌詞うろ覚え)」のパート歌ったあとカメラに向かって頭ぽんぽんする仕草してた北斗さんがリアコすぎたのでそれしか覚えてません

 

15.明日の記憶

いや…それはやばいじゃんその曲は…

歌い出し北斗さんなのも「夕焼け永遠にしたくて」の「け」の歌い方も(細かい)そっから先の歌割りも最高…

 

16.Telephone

これもカップリング!のはず!最高めっちゃくちゃ好きこういう曲!衣装のジャケットとハットも似合ってるしギラギラすぎないカッコ良さがジャニーズらしくて好き〜〜〜〜〜

 

17.I.N.P

横アリがクラブと化した。これラフストで入ってなくて結構凹んだんだよな〜聞けて満足。にしてもこの新衣装めちゃくちゃよい…

 

18.Right Moves

マジで記憶ない

 

19.Mr.ズドン

ズドンカチューシャかわいいけど謎の既視感(多分テレビ誌)(全然違うやつだけど)客席降りはいいんだけどわちゃわちゃしてるのがうまく映らなくてちょっぴり寂しい。まあどうせ全力で歌ってるからほとんど見ないんだけど。

 

20.PARTY'S ON

これめっちゃ怖かった、なんか磔みたいになって出てきたかと思ったらめちゃくちゃ壁かたむくし支えも心許ない感じするし(こら)でも衣装はかっこいい…

 

21.Amazing!!!!!!

そういや今日これまだだった。最近ロクロクロッキンイェイイェーでほくちゃんあんまりマウンティングしなくなってきたね。相変わらずトビウオだったけども。

 

22.WILDS OF MY HEARTS

これも記憶ない

 

23.BE CRAZY

センステせり上がり見てセクシーリフターZか?ってなった(ちがいます)。今更だけど「諦めずwant you 立ち向かえwant you 」って最初期の歌で歌ってたのエモいな…

 

挨拶(録音)

デビューするにあたっての決意表明というか、悩みや葛藤いろいろあったけどこれから戦っていくよっていう選手宣誓みたいに聞こえた。北斗さんがずっと5人のほう向いてて「SixTONESは最強です」って言ってくれるのが心強いなあ…

 

24.Imitation Rain

初めてのフルバージョン。今日はみんな最後まで歌いきれました。やっぱ絶対間奏のピアノソロでうるっとしちゃう。後半怒涛のように押し寄せる勢いとそれに応えるように炎が上がるの見てもうダメだった、好き

 

アンコール

25.NEW WORLD

カップリングだけど本当にいい曲だしこれから先もずっとずっと大切にする1曲になるんだろうな。メンバーそれぞれちゃんと歌うソロが長めにあってちゃんと歌声聞けて好き。

 

26.Laugh in the LIFE

相変わらず「Happy-Glad-Lucky-Love」が言えないほくちゃん。ラスサビ前の「What an amazing day!!」は髙地が煽ってたけど入り微妙に早くなかった?

 

27.光る、兆し

花道に横一列で歌ってくれて、合間合間にずっとファンの方向いたり手振ってくれたりしてて泣いちゃう。「揺れる、兆し」のとこでジェシーちゃんの後ろから光が差してたの綺麗だった

 

アンコ後

歌い終わったあと外周ぐるっとまわって花道歩いてメンステ戻ってったけどその間ずっとほくちゃん喋ってた。ご機嫌だねえ、よかったねえ。可愛かったよ。

 

 

まずImitation Rainのカップリング。

あんなにジャニーズっぽくないと言われた曲のカップリングがどちらもバチバチにジャニーズっぽくて、オタク的には「してやられたぜ」という感想。こんなんどっちもオタク好きに決まってるやん。じゅりちゃんも言ってたけどCD足すわ。

 

ライブ全体を通しては「満遍ないライブだな」という印象。どの席にも近くなるように、どこででも歌えるように、みんな楽しめるように、って考えてくれたんだろうなあって思うだけで涙出ちゃう(誰)。ひとつだけ聞きたいのは明日の記憶セトリ入りは誰のおかげなのかな???ってことです。

十五祭感想

去年散々「今回で降りる」とか言いながら結局自担のビジュが良くて降りられなかったエイト。

今年はアニバーサリーだしセトリどうなるのかってわくわくしながらレポを踏まずに過ごした日々。

ロイヤルミルクストーリーをツイッターのトレンドに入れた奴らマジ許さんからな。

 

以下、感想↓↓↓

 

 

 

 

 

入場

41ゲートだったのでいろいろ察して諦めてたけど、2階スタンドの真ん中より前よりで三塁側とはいえほぼドセンだったので割と満足。

最近アリーナばっかりだったからドーム遠い。デカい。高い。怖い。

 

開演まで過去のドラマ・映画出演作の出演シーンが前スクリーンに延々映し出されてて最高だった、局越えまくってるからテレビじゃ絶対できないもんね。ジャニーズとの共演シーンがある作品はそのシーンを流してくれるというかけ持ち・DDに優しい仕様。「生まれる。」の犬ティーが犬すぎたので今度DVD借りてこようと思います。

 

十五祭にちなんで15分前からカウントダウン始まって、8分前と5分前に音が鳴る。2分前はないのか!(あるわけない)

 

 

OP

関ジャニ∞結成〜今に至るまでを絵巻物で表す…的な。内くんとかすばるくんのことにもしっかり触れてて、特に内くんのことは賛否ありそうだな〜とは思ったけどやりたいことをやらせてもらえるようになったんだなあと思ったので私的にはよかった、何よりワードチョイスが結構好き。バナナジュース事件。

 

1.∞o'clock

結成15周年でメンバー紹介ラップ再録するとは思わないじゃん????????

ちゃんと韻踏んでて成長したなあ…って思った(誰)、ヤスのパート良かったなあ、あれも亮ちゃんが考えたのかな

 

2.ズッコケ男道

早くもズッコケ。最近バンドバージョンばっかり聞いてたせいでゆっくりに聞こえる。往年のお手振りトロッコ曲じゃなくちゃんと踊ってくれてて嬉しい。

 

3.がむしゃら行進曲

久々に聞いたけど振り覚えてるもんだなと。ペンラの動きが揃ってるのを上から俯瞰で眺めるのが結構好きなので楽しい。

 

4.T.W.L

関ジャニ屈指のタオルソング。わざわざこの曲名でマフラータオルつくるくらいだからセトリ入りは固いだろうなと思ってたけどまさか最後に人文字TWLにリベンジしてくれるとは(2013年末紅白以来)。

 

5.月曜から御めかし

TWLがクレヨンしんちゃんの主題歌だったから途中でモニターにしんちゃんのイラストが流れてきたと思ってたら、曲後にまさかの祝電(?)あり。声ホンモノかな、豪華すぎん?

夜ふかしの番組ロゴをパロったみたいなロゴからバック映像始まって、マツコと村上さんのデフォルメアニメが流れたんだけどマツコ可愛すぎてウケた。

この曲音源入手してからライブ行こうと思ってたのに忘れてたので反省。

 

6.Eightopop!!!!!!!

マジでーーーーーーその曲やるのーーーーーーーーーーー!?!?(以下、何度も登場するこの時間を「マジそれタイム」とします。)

忘れもしない初めて買ったライブDVDで死ぬほど見たこの曲、そのライブ以降どっこでも披露してなくてもうやらないもんだと思ってたこの曲。会場で「ヨシッ!」てやるっていう夢が叶った。

 

7.ブリュレ

バクステ集合ダンス曲だったんだけどモニターなしとかいう鬼畜仕様。メンステ側は完全に干され。まあ今回ムビステもないし後ろの席にこれぐらい忖度あってもいいよねということで。しっかし今年はよく踊るな…(※まだ7曲目)

 

8.一秒KISS

マジそれタイムその2。

幾度となくエイトのおすすめ曲として挙げておきながら「まあ2009年以降ほぼ歌ってないんだけどね〜ハハッ」て自虐的になってた一秒KISSが、歌われてなさすぎて他Gに歌わせる妄想ばつかり捗ってた一秒KISSが、2019年夏また日の目を浴びる日が来ようとは。高校生のわたし、生きていたらいいことあるぞ。

 

9.RAGE

二ズムより。二ズムってどうしても象に持ってかれがちなアルバムだけどいい曲揃ってるんだよね〜実は。

 

Lovestagram

小休止タイムもとい映像コーナー。

エイトレンジャーから大川・丸ノ内・村岡、キャンジャニから安子・横子・錦子が参戦するほぼ合コンの王様ゲーム

「2番と5番がキス」でまさかの横子と安子っていう。性別わけてる意味。

40手前のオッサン(しかも女装)のキスシーンに沸く5万5千人って異様すぎる光景だわ。

(エイトの腐媚は今に始まったことじゃないけどもういい歳なんだからそのへんにしとこうぜ…といったところではある)

 

10.アイスクリーム

センステ挟んで一塁側と三塁側でそれぞれスポットライトが当たって鬼かわいいイントロ流れ始めたと思ったら鬼かわいい2人がチョコモナカジャンボのマイク持って歌ってた。スポンサーへの配慮に余念がないグループ。さそ歌いづらかろう。

 

11.二人の花

マジそれタイムその3。

ユニットがヤンマーから始まったってことは残り4人を2・2で分けるとして自担が歌うのは果たしてアダムとイヴか二人の花かどっちだ…?って一瞬で思考をめぐらせた。そしたら二人の花のイントロが流れ出したんですわ(?)

だってこれ歌詞がエモけりゃメロディーもエモい天才楽曲のくせにパフォが円盤化されてないとかいう意味不明ソングだったから…まさか白スーツで踊るなんて聞いてないじゃん…円盤化して早く…後生大事にするから…

 

12.はにかみオブリガード

マジそれタイムその4。

いやヤンマー・丸倉ときて覚悟はしてました。この2人のユニット曲これしかないじゃん。二人の花と一緒で激エモ未円盤化楽曲のこれしかないじゃん。

浪花いろは節のレコーディングでは手拍子しかしなかったとか証言してる横山さんと、「Youは歌のうまいすばるとずっと一緒にいるのにどうしていつまでも歌が下手なの!?」ってジャニーさんにキレられた村上さんの2人が、夫婦と呼ばれる2人が、事務所に入ってからずっと一緒にやってきた2人が、「一蓮托生」のヨコヒナが、それぞれトランペットとキーボードを演奏しながら歌うなんて15年前誰が想像したよ!?!?!?!

 

「ありがとうな」「こっちこそな」(※曲中の台詞)

 

はァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(クソデカため息)!!!!!!!

 

13.I to U

ここ数年やたらとI to U歌うけどお気に入りなの?どうしたの?その調子でどんどん楽曲発掘していってね。

どうでもいいけどこの曲「あいとゆー」って読むっぽいけどずっと「あいとぅーゆー」って言ってたわ。これだからカップリングは。

 

14.Street Blues

crystalのカップリングなんだけど、マッッッッッジで全オタクこの曲好きだと思う。

しっとりバラード調の不倫ソング、好きですね?はい知ってる。

 

15.ここに

去年はあんまりこの曲聴けなかったんだけど(メンタル的な意味で)、今年に入って割とスッと聴けるようになった。いい曲なのは知ってたけどね。

 

MC

なぜか村上さんが衆院選に出る話でめちゃめちゃ盛り上がる(出ません)。こないだ後輩Gか政治の話に触れてプチ炎上したばっかりだからとってもとってもヒヤヒヤした。まあ村上さんが首相と写真撮っちゃうから…仕事なのは百も承知だけど。

後頭部の刈り上げを「コボちゃんみたい」って言われて気にしちゃう大倉さん可愛いね??

 

16.クジラとペンギン

マジそれタイムその5。まさかこれがドームのステージで歌われようとは。

 

17.蒼写真

マジそれタイムその6。イントロ流れた瞬間の沸き方が異常(他公演でやってなくて東京で突然セトリ入りだったらしい。そら沸くわ)。

9年前ぱちあぱの本編ラスト曲として披露された、カップリングでありながら名曲として名高くファンも多いこの一曲。何がいいって落ちサビ前一瞬ピアノだけで奏でられるメロディーなんだけど、アコギ抱えた亮ちゃんが譜面脇にぽつんと置かれたオモチャみたいな小さい木製のピアノでそんな切ないメロディー弾くから…泣くじゃんそんなん…時計の針があの頃までもう一度戻ったとしてもきっと同じ道を選んで並び歩いて来るよね…わかる…

 

18.Black of night

映像はさんでたんだけど、亮ちゃん村上さん丸ちゃん横山さんヤスの順でシャワーシーンとかトレーニングシーンとかのサービス映像だったけど亮ちゃんとヤスは「夢の中でパーカーのフードを被った男に追われる」っていうシーンがあって、ヤスが最後振り向いたらパーカーの男が構える銃越しに大倉と見つめあってしばし沈黙のあと響く銃声…ってこれ倉安厨の幻覚では?????おかげでぶらっくおーないっの記憶があんまりない(なお倉安厨ではありません)。

 

19.Masterpiece

ここにきてまたそんなダンス曲…本当に今年はよく踊るな…あくまで当社比ですが。

これいっつもレーザー演出がカッコよくて好きなんだよね〜でも特効そんなに使うとは聞いてない。怖い。ビビる。

 

20.二人の涙雨

マジそれタイムその7。マジで今回のセトリ考えたの高校生の時のわたしか???ぐらい。だってこれ何年前の曲よ…(調べる)…2007年ですって…アルバム収録のコテコテ歌謡曲で、数多の周年イベントで一度も日の目を浴びずに10年以上寝かされてきた曲ですよ…もうこれはさすがに諦めてたわ…高校生のわたし受験頑張って、その先いいことあるからマジで…

 

21.ナイナイアイラブユー

元気魂でまさかのセトリ落ちだったナイナイ!!!おめでとう!!!当時の浮かばれないオタクたち!!!涙雨からの歌謡曲縛りだったのかな?2曲ともスタンドマイクだし今の大人になったエイトが歌うとマジでいい雰囲気が出るんだわ…大倉さんの低音ボイスはこの曲のバッバドゥビドゥーのためにあると思ってるよ。

 

22.大阪ロマネスク

本編終わりか??とさえ思った。ロマネをこの位置に持ってくるのか…と思ったけどこれも前2曲の流れなのかな。これもペンラ芸が綺麗で好き。

 

23.モンじゃい·ビート

エイトー!\いっぱーつ!/

た、楽しすぎる…そういや現場参戦するようになってからモンじゃいのセトリ入りは初だったのかも。コーレスも振りも最高だった。この曲に限らず目の前にいた4連がどんな過去曲で完っっっ璧に踊っててすげえ古参だ…ってなった。

 

24.crystal

あぁ、あの8回聴いたら神龍召喚できるっていうcrystalね(違います)。希少価値高まりすぎてあれだけどそもそも今回ここまでバンド曲ほぼなしか…ひええ

 

25.ローリング・コースター

ここまでの衝撃が大きすぎてもうロリコンスター程度じゃ逆に驚かなくなった(?)。これだっていつものセトリに入ってたら奇声発するレベルの神曲なのに…

 

26.Tokyoholic

27.勝手に仕上がれ

ここ2曲は、去年歌われなかったのもあってもう歌わないのかな、ってちょっと思ってた。すばるくん無しでこの曲はイメージできないし、それならそれで7人で歌った曲を最後にしまっておこうって思ってたけど、やっぱこういう曲ないと寂しいんですわ!!!!!!!去年のセトリに満足しきれなかったのはこのへんが全然入ってなかったのもあったんだろうなって。イントロ始まった時はすばるくん無しでどうなるんだろうって思ったけど、6人のTokyoholicも勝手に仕上がれもめちゃくちゃカッコよかったです。

 

28.LIFE〜目の前の向こうへ〜

後ろに過去映像流すのは反則じゃん???落ちサビ前の「あの日交わした約束をずっと覚えているから 涙こらえて」の過去ウン年分の映像引っ張り出してダイジェストにするのは反則じゃん????

 

29.咲く、今

物議を醸しそうな挨拶の後にピンクの紙吹雪降らせるから嫌でも卒業をイメージしますよねそんなつもりないけどね!!!

すばるくんがいなくなってメインボーカルは亮ちゃん一人だけど、この曲はすごい丸とヤスのボーカルの馴染み方が際立ってて、ああこの2人の歌声でエイトの曲は支えられているんだなって思った。思い返せば今日たぶんずっと生歌なのに全然不安定さがなくて、ハモリも主旋も安心して聴けて、ハモリ職人山田は伊達じゃないなって実感したしこの2人の声が際立つ曲がもっともっと増えたらいいな。

 

 

ここで本編終わって、以下アンコール。

外周トロッコでシングルメドレーだったんだけど、以下曲順。

 

30.浪花いろは節

31.好きやねん、大阪。

32.∞SAKAおばちゃんROCK

33.イッツマイソウル

34.無責任ヒーロー

35.急☆上☆SHOW !!

 

確かにメドレーだけどさ?ワンコーラスずつくらいしか歌ってないけどさ?そんな詰め込む???大丈夫???

ここまでで外周一周してメンステへ。センステに移動しながら以下メドレー。

 

36.キングオブ男

37.NOROSHI

38.へそ曲がり

39.あおっぱな

40.なぐりがきBEAT

41.パノラマ

42.Wonderful World!!

43.罪と夏

44.前向きスクリーム!

 

まだ行くか。

贅沢にも程があるわ、NOROSHIをお手振りソングにすなバチあたるわ。

 

で、アンコール最後は「ひとつになりましょう」って言われてまさか…と思ってたら

 

45.ひとつのうた

 

エエーーーーーーーーー

ウン年前会場でメロディー教えられてその場で歌ったのを音源としてCDに残された楽曲ーーーまさか会場で歌える日が来るなんてーーーーーーーーーーーー

 

そのあとはいつも通り会場のエイターとスタッフとバンドと会場そのものに拍手を送って、最高で最強の関ジャニえいとー!ってやって(いや言い方)、時計見たら21:30

開演18:30だから丸々3時間公演してたことになるね???みなさんおいくつ???大丈夫???チケ代安すぎない???

 

 

 

ひととおり感想文字起こしして気づいたけどセトリの感想ばっかり言ってるわ。

今回は2階スタンドだったからってのもあると思うけど、そもそもエイトには楽曲を聴きに行くっていう基本スタンスが自分の中で備わっているんだなと再認識いたしました。神曲ばかりのセトリよありがとう。

 

円盤化したら今作は間違いなく布教用の一作になる。おまえら覚悟しとけよ

「愛を叫べ」が似合うのはせくぞよりストだなって思う

「思えば長い付き合いだけど」

「俺たちのマドンナに あの頃の仲間でお祝いさ」

「あいつはお前にお似合いさ みんな降参だぜ」

 

みたいな台詞が似合うのはせくぞよりすとーんずな気がする…と思ってたんだけどきっと

・お前呼ばわり

・高校のクラスメイト感の強さ(せくぞはどうしても全員同じクラスでは想像できない いやすとーんずも学年バラけてるけど)

みたいなところがそうなんだろうな…と。

 

せくぞはそれこそ愛を叫べよりOneLoveぽい。ケンティー大先輩なら百年先も愛を誓ってくれそう、千年先から君を守りにやってきてくれるわけだし。

 

マリちゃんはLove so sweetの「輝いたのは鏡でも太陽でもなくて君だと気づいた時から」みたいなことを素で言いそうステキ

 

勝利くんは台風ジェネレーションの拗らせ男子みがある…片道の切符をふざけたふりで取り上げてそう…

 

聡ちゃんは夏の名前の男の子になってほしい、一番好きな服だけを鞄に詰めて揃いで買ったスニーカー履いてバスを待っててほしい…

 

風磨くんには何が似合うかな嵐兄さんマジリスペクト卍な風磨くんに下手な選曲はできないなって考え始めたところで気づいたんだけど風磨くんの結婚式で愛を叫べ歌うすとーんずってエモくない???エモすぎて既出な気がするわ